FC2ブログ

*ブブとちぇるとるこあのあるひ。*

【お空でブブは走っているよ!】

BuBu

2012年8月18日
嘔吐&オモラシ
20日
徘徊が始まる。
息が荒くなり、震えが見られる(発作)
その後、薬で安定していくが、
9月22日
昼、再び発作。その後、失明・・
夜中に発作で倒れる(薬で対応)
23日
名古屋動物医療センターに入院。
10月5日MRI
肉芽腫性髄膜脳炎&てんかんと診断。
13日 退院
家で脳炎と戦う!

2012年12月8日15:20
愛するブブ、天国へ・・

署名活動

Posted by *maki* on   8 comments   0 trackback



救護や支援を続ける方々
東京消防庁・全国の消防署
自衛隊・警察の方々
毎日、本当にご苦労様です!

被災地の一日も早い復興を心からお祈り申し上げます
募金に節電、祈る事しか私には出来ませんが・・
自分の出来る事を精一杯したいと思います。

9日ぶりに2人!救出!!よかった!本当によかった!!
1人でも多く助かる事を祈ります!

テレビを見ていると普通に生活しているのが申し訳ないとも思います・・
普通ってとっても大切で一番重要な事ですね。



ハッピーママさん(ララさん)のブログで
とても気になる事が書いてあったので転載します^^

__________________________________________

『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』


ポチたまの松本秀樹さん、ナチュラルドッグスタイルさんが
避難所や仮設住宅の『一部』をペット同伴可にしていただけるよう 環境省宛てに署名活動を始めています。

http://www.n-d-s.tv/pet-rescue/shomei.html

こちらにアクセスお願い致します。
ダウンロードで署名ができますようになっています。
一万人集まったら環境省に提出するようです。

阪神淡路大震災の時もこれで可能になったんです。
(この時は松本秀樹さん個人での運動だそうです)



■署名用紙の入手方法 
インターネットから 署名用紙をダウンロード・印刷してください

■署名方法
指定の用紙に、自署にて署名日・氏名・住所・捺印(印鑑のない場合はサインでも可)
をお願いいたします。また、署名が少しでも実現されますよう、
コメントを記入していただける欄もご用意してあります。
小さな1人の願いがつながり、大きな動きとなりますよう、ご協力をお願いいたします。


■署名用紙の提出方法
ご署名いただきました用紙は、大変お手数ですが「ナチュラルドッグスタイル事務局」宛に、
必ずご郵送頂きます様、ご協力をお願い申し上げます。
(ファックス等、署名の原本でないものはお受けできませんのでご了承ください)


送付先

〒294-0033 
千葉県館山市宮城195-3
「ナチュラルドッグスタイル事務局」


■個人情報の取り扱いについて
当該目的でご署名頂きました個人情報に関して、当団体がその個人情報の一部、
もしくは全部をコピー・その他保存、使用することや、
提出先である「環境省」以外の第3者に対し、その情報を公開・漏洩することは、一切致しません。
また、集めました署名は、適正かつ公正な手段によって、提出先へと届け出るものといたします

ダウンロード出来ない人は事務局に電話したら用紙を郵送かファックスもしてくれます
電話番号0470245666


是非ともご協力お願いいたします。




■3月21日 追記■
お問い合わせのお電話の中で、多かった事項を記載させていただきます。


●署名の期限はいつまで?

→多少の混乱が生じているようですので、本日(3/21)、
署名への期限を設けさせていただきました。

署名は4月30日消印有効とさせていただきます。

1万人に達しなかった場合のみ期限を延期いたしますが、
期限前に1万人集まった場合でも、早期終了することは致しません。




●署名はファックスで送っても大丈夫?

→署名は、「原本のみ」が有効となっておりますため、FAX送信や、
原本コピーの郵送は不可となっております。

必ず、原本をNDS事務局までご郵送下さい。

ただし、署名・捺印をする前の台紙のコピーは大丈夫ですので、
事前に必要枚数をコピーしてご使用ください。

__________________________________________

以上転載記事です。

1人でも多くの署名が集まりますように!









私事ですが
19日は私の誕生日でした。
そして約3年半前に流産をして天国に行ってしまった子のお参りに行ってきました。
目をつぶっていろいろと話しかけてきました^^
その後
気分転換に梅園に行き、とっても綺麗な花と
とっても嬉しそうな息子を写真におさめました^^

梅園にて
ダウン症は短命と言われています。
産まれた時にレンは心臓に穴が開いており、どうなるか心配でしたが
レンは運がいいのでしょうか?自然に閉じてくれ手術をせずに済みました。
この子は、たぶん私より早く天国に旅立つでしょう。

その旅立つ日が来るまで、しっかりとこの笑顔を支えてあげよう!と思いました^^
レンがいる限り、強い母でいますよ!!



スポンサーサイト